【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取及び処分(お引取り)される商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

【店舗業務の休業のお知らせ】 詳しくは コチラ をご確認ください。

有名作家のご紹介

有名作家のご紹介有名作家のご紹介

版画・シルクスクリーン作家のアンディ・ウォーホルの経歴は?代表作品、買取相場、高価買取のコツを解説

2021年09月13日

アンディ・ウォーホルは名画「マリリン」を生み出した画家として有名です。

今回はアンディ・ウォーホルの経歴や人気作品について紹介します。手放す際のコツも紹介しているので、版画やシルクスクリーンの売却を検討している人は、参考にしてください。

アンディ・ウォーホルの経歴

アンディ・ウォーホルは、米ペンシルベニア州ピッツバーグで1928年に誕生。2人の兄がおり、家がカトリックだったことから、幼少期よりよく教会に通う生活を送っていました。

もともと体が弱く、日光アレルギーの持ち主。鼻が赤いなどのハンディを抱えたものの、幼少期より絵の才能が開花。父が病気で死去してからは、母を助け、アルバイトをしながら高校へ通っていました。

その後、進学したカーネギー工科大学(現在のカーネギーメロン大学)では広告芸術を学び、卒業。大学卒業後はニューヨークへ渡り、『ヴォーグ』や『ハーパース・バザー』などの広告イラストを手掛け、知名度を上げていきます。

1952年には「アート・ディレクターズ・クラブ賞」を受賞し、商業デザイナー・イラストレーターとして成功。しかしクライアントの要望に応えようとイラストの修正に追われる日々で苦労する面もあったとされています。

1950年代に線画に乗せたインクを紙に転写する「ブロッテド・ライン」と呼ばれる技法を開発し、作品の大量印刷を可能としました。30代になると、アシスタントを雇い、シルクスクリーンプリントや靴、映画・音楽なども制作。

1965年には女優やモデルとして活躍していたニコ(クリスタ・ペーフゲン)を自身がプロデュースするバンドにスカウトします。シルクスクリーンで「バナナ」を描いた作品は有名になり、高い評価を受けました。

アンディ・ウォーホルの代表作品

アンディ・ウォーホルは、商業美術の手法とされていたシルクスクリーンの精度を高め、当時のアート界に旋風を巻き起こしたパイオニアです。

特に有名な作品には「マリリン・モンロー(マリリン/1967年)/シルクスクリーン・版画」があります。作品は大スターだったマリリン・モンローの顔を大きく描いたもので、10点組のシルクスクリーン作品です。

モデルはモンロー本人ではなく、雑誌やメディアに取り上げられた彼女のイメージを膨らませ、色彩のバリエーションを持たせながら描かれました。

また「電気椅子(1971年)/シルクスクリーン・版画」も有名です。広いキャンパスにぽつんと置かれた電気椅子がなんとも悲しげな雰囲気ですね。この作品は社会で隠蔽されている「死」を暴きだす目的で描かれたとされています。

他にも、「ミック・ジャガー(1975年)/シルクスクリーン・版画」や「リンカーン・センター・チケット(1967年)/シルクスクリーン・版画」、「サムという名の猫(1954年)/オフセットリトグラフ・手彩」、「キャンベルのスープ缶(1962年)/シルクスクリーン・版画」から「危機に瀕している種シリーズ」など、有名作品を数多く生み出しています。

最近ではアンディ・ウォーホルの作品に影響を受けた日本人アーティストの河村康輔がポートレートを使ってTシャツなどをデザイン。さらにユニクロで販売され話題となるコラボ商品も増えてきており、馴染みのある人も多いかもしれません。

アンディ・ウォーホルのシルクスクリーン買取や版画の買取なら買取専門店の散歩道へ

プライベートではスキャンダルも多いアンディ・ウォーホルでしたが、人生を描いた書籍が多く出版され、後世に大きな影響をもたらしました。

彼はファクトリーと呼ばれる場所で数々のアート作品を生み出したといわれ、アンディ・ウォーホル全版画には400以上の作品が収録されています。しかし実際はもっと多かったともいわれていますね。

もし自宅に飾らないアンディ・ウォーホルの版画やシルクスクリーン、リトグラフがありましたら、散歩道へご相談ください。経験豊富な鑑定士が自慢の鑑定眼で査定し、高価買取いたします。

買取内訳についても、納得頂けるまで説明しますので、どんなことでもお聞きください。
スタッフ一同、お客様とのご縁を楽しみにしております。

アンディ・ウォーホルの買取事例

高価買取の秘訣とは?

基本的にリトグラフ・版画・シルクスクリーンのお品も含めて共箱や付属品の有無で査定額も変わることがあります。アンディ・ウォーホルのリトグラフ・版画・シルクスクリーンであることを証明する大切な情報となるため、付属品がある場合は揃えておきましょう。

例えばリサイクルショップで査定のご相談を行うと相場が分からず取り扱いを拒否するケースも多くみられます。そのためリトグラフ・版画・シルクスクリーンの売却時は、リトグラフ・版画・シルクスクリーンの専門知識を持ち、販売ルートが豊富なリトグラフ・版画・シルクスクリーンの買取専門店、古美術商や骨董屋に依頼をすることで高価買取が期待できるでしょう。また、アンディ・ウォーホルのリトグラフ・版画・シルクスクリーンに詳しい鑑定士のいるお店に依頼するとより安心です。

普段から綺麗な状態を保つことで買取査定額もアップにつながります。例えば乾いたタオルや刷毛などでやさしく埃を落とすぐらいで十分です。ただし、壊れやすい物や繊細な素材できているものは手入れをせずにそのままにしておくのも重要です。

おススメ!関連する有名作家

お気軽にお問合せ下さい!

対応エリア

出張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みで
どこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県