【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取及び処分(お引取り)される商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

【店舗業務の休業のお知らせ】 詳しくは コチラ をご確認ください。

有名作家のご紹介

有名作家のご紹介有名作家のご紹介

油彩・版画・切り絵作家のアンリ・マティスの経歴は?代表作品、買取相場、高価買取のコツを解説

2021年09月13日

アンリ・マティスは「色彩の魔術師」とも呼ばれ、自然の緑をメインとした油彩や版画・切り絵を数多く発表してきました。

ここではアンリ・マティスの経歴や人気作品・売却時のコツについて解説します。

アンリ・マティスの経歴

アンリ・マティスは1869年生まれ。1887年、父の勧めでパリに渡って法律を学んだ彼は、翌年法科資格試験に合格します。その後はサン・カンタンの法律事務所の書記の道へ。

1889年盲腸で療養した彼は、母から画材を贈られます。それが絵画に興味をもつきっかけとなりました。後に本人は、この時の出来事を「楽園を見つけたような気持ちになった」と語っています。

その後画家に転向したアンリは1891年にパリの美術学校・アカデミー・ジュリアンへ入学。本格的に絵画を学び、1896年には国民美術協会へ4点の作品を出品。うち一点は国家が買い上げ、知名度が上昇。

1917年頃までは、主に南フランスのニースを拠点に活動。この頃のアンリの活動は「ニース時代」と呼ばれています。

晩年は南仏ヴァンスのドミニコ会修道院ロザリオ礼拝堂の内装デザイン、上祭服のデザインを担当。これらはアンリの集大成とも呼ばれました。切り絵やステンドグラスを盛り込んだ作品は、20世紀キリスト教美術の代表作とまで呼ばれています。

その後体力の衰えを感じたアンリは、油絵から切り絵へと転向します。主にアシスタントに色紙を作ってもらい、アンリがハサミで切って作品を仕上げていきました。

ハサミを使うという行動も表現のひとつと考え、生命の象徴と考えていたとされています。
2004年には日本で初のアンリ展が開かれるなど、まだまだ注目度の高い画家です。

アンリ・マティスの代表作品

初期の作品は写実的な表現が多かったものの、次第に自由な色彩による絵画表現へと変化していきました。これはポール・セザンヌやポール・シニャック、フィンセント・ファン・ゴッホなどの影響を大いに受けたためとされています。

その特徴は「緑の筋のあるマティス夫人の肖像(1905年)/油彩」や「ダンスI(1910年)/油彩」などに見られるため、気付いた人も多いかもしれません。

「緑の筋のあるマティス夫人の肖像」はアンリの妻・アメリー・パレイルをモデルに描かれています。実際のアメリーの姿とは異なりますが、アンリは「あくまでアメリーの印象を描いたもの」と説明。さらに「こんな人に出会ったら私も逃げ出すだろう」とも語っています。

また「金魚(1912年)/油彩」や「THE LAGOON Ⅱ(1983年)/版画(石版画)」など多くの緑溢れる作品を生み出し、油彩画や版画・彫刻などで表現しました。

他にも、「帽子の女(1905年)/リトグラフ」、「リュートを持つ女性(1949年)/リトグラフ」、「マグノリアのある静物(1956年)/リトグラフ」なども有名な作品ですね。

アンリ・マティスの版画(石版画)買取やリトグラフの買取なら買取専門店の散歩道へ

油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵と生涯に渡って様々なジャンルに挑戦したアンリ・マティス。緑を愛する彼のアトリエは植物や飼っている鳥たちで溢れ、まるで植物園のようだったといいます。

もし自宅に眠っているアンリ・マティスの油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵がありましたら、是非散歩道までお知らせください。

当社鑑定士が丁寧に査定し、どこよりも高価買取させて頂きます。当店の自慢は、査定歴20年以上の鑑定士がいること。

鑑定士は骨董品や美術品・芸術品のオークションに通い、目利きを磨いたプロばかりです。豊富な経験と知識があるからこそ、相場に合った適正価格がご提示可能です。

まずはご相談だけでも無料でご利用ください。他社に負けない圧倒的な買取価格でお応えいたします。

アンリ・マティスの買取事例

高価買取の秘訣とは?

基本的に油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵以外のお品も含めて共箱や付属品の有無で査定額も変わることがあります。アンリ・マティスの油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵であることを証明する大切な情報となるため、付属品がある場合は揃えておきましょう。

例えばリサイクルショップで査定のご相談を行うと相場が分からず取り扱いを拒否するケースも多くみられます。そのため油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵の売却時は、油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵の専門知識を持ち、販売ルートが豊富な油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵の買取専門店、古美術商や骨董屋に依頼をすることで高価買取が期待できるでしょう。また、アンリ・マティスの油彩や版画(石版画)・リトグラフ(エッチング)、切り絵に詳しい鑑定士のいるお店に依頼するとより安心です。

普段から綺麗な状態を保つことで買取査定額もアップにつながります。例えば乾いたタオルや刷毛などでやさしく埃を落とすぐらいで十分です。ただし、壊れやすい物や繊細な素材できているものは手入れをせずにそのままにしておくのも重要です。

おススメ!関連する有名作家

お気軽にお問合せ下さい!

対応エリア

出張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みで
どこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県