【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取及び処分(お引取り)される商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

【店舗業務の休業のお知らせ】 詳しくは コチラ をご確認ください。

有名作家のご紹介

有名作家のご紹介有名作家のご紹介

日本画・リトグラフ作家の片岡球子の経歴は?代表作品、買取相場、高価買取のコツを解説

2021年08月07日

片岡球子(かたおか たまこ)は上村松園、小倉遊亀と共に「日本三大女流画家」と称される画家のひとりです。原色を大胆に使った富士の絵は、未だに大人気で価値の高いものになっています。ここでは片岡球子の経歴や人気作品をご紹介します。

片岡球子の経歴

片岡球子は北海道出身。昭和から平成にかけて活躍した日本画家です。1926年に女子美術専門学校(現・女子美術大学)を卒業した片岡球子は、教諭を務めながら創作活動を開始。

画家の夢に反対する両親に勘当を言い渡されながら活動を続けたものの、帝展(現日展)に三度落選。なかなか開花する機会がありませんでした。

その後第17回院展に「枇杷」で初入選。さらに1933年の院展にも入選したものの、その後は立て続けに落選。あまりの多くの落選を経験されたことから、周りに「落選の神様」と呼ばれた時期もありました。

しかし1939年の第26回院展に「緑陰」を出品したところ、見事に入選。その後は連続入選するなど快挙を成し遂げます。1955年には教諭を辞め、女子美術大学日本画科専任講師に。さらに1966年に愛知県立芸術大学が開校すると、日本画科主任教授や客員教授を務めました。

1976年には勲三等瑞宝章を受章。1986年には文化功労者として顕彰、1989年には文化勲章を受章するまでに。

これらの功績は女性画家として3人目の快挙であり、上村松園、小倉遊亀と共に「日本三大女流画家」とも称されました。

片岡球子の代表作品

片岡球子は多くの作品を発表していますが、特にメインは富士をモチーフとした作品です。富士山を描く画家では、横山大観と並んで有名ですね。

画風としては型破りな構成や大胆な色使いを存分に発揮し、一部の人からは「ゲテモノ」と呼ばれた時期もありました。

しかし片岡球子自身、小林古径の「今のあなたの絵はゲテモノに違いないが、ゲテモノと本物は紙一重の差だ… あなたの絵を絶対に変えてはいけない…」という言葉で立ち直ったとされています。

彼女は「絵を美しく描くことだけが全てではない」と考え、独自の表現をし続けました。

特に「面構(つらがまえ)」・「富士山」シリーズで高い評価を受け、「めでたき富士 西湖の富士(1992年)/版画」や金・銀・プラチナ箔が使われた「富士に献花「ひまわり」(1997年)/版画」が有名。

原色が使われていることが多く、美しいコントラストとダイナミックさを感じますね。富士以外のシリーズでは、「梅園」など花をモチーフにした作品もあります。

片岡球子のリトグラフ買取、日本画の買取なら買取専門店の散歩道へ

片岡球子の作品は「富士」シリーズが有名で、人気があります。もし原色を使ってダイナミックに描かれた富士の絵画がある場合、片岡球子のリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンや日本画かもしれませんね。

当店では片岡球子のシルクスクリーンやリトグラフ・版画(木版画・石版画)などを高価買取しております。

片岡球子は長生きしたこともあり、数多くの作品が市場に出回っています。そのため贋作を含め、専門家が判断しないと価値を見出すのは難しいものです。

散歩道の鑑定士は20年以上のベテラン。今までたくさんの芸術品に触れる機会があったため、目利きには自信がございます。

もし気になる日本画やリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンなどあれば、散歩道へご相談ください。一点一点丁寧に査定し、ご納得いただける査定額のご提示をいたします。

片岡球子の買取事例

高価買取の秘訣とは?

基本的にリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンや日本画のお品も含めて共箱や付属品の有無で査定額も変わることがあります。片岡球子のリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンや日本画の作品であることを証明する大切な情報となるため、付属品がある場合は揃えておきましょう。

例えばリサイクルショップで査定のご相談を行うと相場が分からず取り扱いを拒否するケースも多くみられます。そのためリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンや日本画の売却時は、リトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンや日本画の専門知識を持ち、販売ルートが豊富なリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンや日本画の買取専門店、古美術商や骨董屋に依頼をすることで高価買取が期待できるでしょう。また、片岡球子のリトグラフ・版画(木版画・石版画)・シルクスクリーンに詳しい鑑定士のいるお店に依頼するとより安心です。

普段から綺麗な状態を保つことで買取査定額もアップにつながります。例えば乾いたタオルや刷毛などでやさしく埃を落とすぐらいで十分です。ただし、壊れやすい物や繊細な素材できているものは手入れをせずにそのままにしておくのも重要です。

おススメ!関連する有名作家

お気軽にお問合せ下さい!

対応エリア

出張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みで
どこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県