【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取及び処分(お引取り)される商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

【店舗業務の休業のお知らせ】 詳しくは コチラ をご確認ください。

有名作家のご紹介

有名作家のご紹介有名作家のご紹介

油彩・水彩・版画家の吉田博の経歴は?代表作品、買取相場、高価買取のコツを解説

2021年09月07日

吉田博(よしだ ひろし)は明治・大正から昭和にかけて活躍した画家です。日本の美しい風景を捉えた油彩画や水彩画や・版画は多くの人を虜にしました。

ここでは吉田博の経歴や人気作品について解説します。

吉田博の経歴

吉田博は1876年、旧久留米藩士・上田束秀之の次男として、久留米市に生まれます。1888年に福岡県立修猷館した際、修猷館の図画教師であった洋画家・吉田嘉三郎に才能を見込まれ養子に。

修猷館卒業後は京都で洋画家・田村宗立に師事。本格的は創作活動を開始します。その後三宅克己の影響で水彩画を始め、1898年には明治美術会10周年記念展に、『雲叡深秋』・『雲』などを出品しました。

1899年に中川八郎と共に渡米した吉田博は、デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」を開催。翌年にボストンで開催した「2人展」も大成功とおさめます。その後はイギリスやフランス・ドイツ・イタリアなどを周り、パリ万博にも参加。

ボストンに戻った後も精力的な活動を続けます。1920年ごろには版画作品を発表。多くの作品を生み出しましたが、関東大震災によって全てを消失する悲劇に見舞われます。

その後海外で粗悪な版画作品が高値で取引されている現実にショックを受けた吉田博は、さらに版画作品にのめり込むようになります。

1925年には新宿区下落合に吉田版画スタジオを創設。すでに吉田博の世界的な知名度は高く、スタジオにはマッカーサー夫人も訪問しています。吉田博の作品は人気が高く、毎月のアトリエ見学会には多くの人が参加するほどでした。

吉田博の代表作品

吉田博の作品は水彩画や油彩画もありますが、最も有名なものは版画(木版画)作品です。版画(木版画)画家としての彼は浮世絵の流れを汲み取りつつ、独自の進化を果たしました。過度な装飾やデザイン性を排除した写実的な風景が特徴的な作品が多いです。

特に「冨士ニューグランドホテル(1937年)版画」や「冨士拾景 興津(1928年)/版画」などには富士山のモチーフが堂々と描かれており、これらは葛飾北斎から影響を受けたと考えられます。

吉田博が活躍した時代は洋画の勢いが強かったですが、彼は日本の古典的な雰囲気に重きをおき、実績を重ね、美術史でも大きな成果を出しました。

また同じ版画を用いて色を変える技法も、吉田博独自のものです。「帆船 朝(1926年)/版画(木版画)」をはじめとする帆船シリーズでも確認できるように、朝や夕方・夜など時間帯や大気の変化を作品に取り入れ、色相を変えた表現に成功しています。

版画は何度も重ねて作品を仕上げますが、吉田博の場合は回数が他とは違います。

摺りの回数は平均して30回以上、多いもので70回を超えた作品も。「東京拾二題 亀井戸(1927年)/版画」では合計96回も色を重ね、繊細ながらも立体感のある作品に仕上がっています。

吉田博の版画(木版画)買取や水彩画・油彩画の買取なら買取専門店の散歩道へ

吉田博のメインは版画(木版画)ですが、水彩画や油彩画も少ないなら世に残しています。むしろ水彩画や油彩画はレアかもしれません。もし吉田博の水彩画や油彩画・版画(木版画)の売却をご検討中なら、散歩道へご相談ください。

有名作家の作品は贋作も多いからこそ、プロの目利きが必須。当社鑑定士は査定20年のベテランです。確かな鑑定眼で絵画の価値を見抜きます。

まずは無料のLINE査定より画像付きでご連絡ください。拝見し、最短即日でお返事いたします。高価買取には自信があります。是非一度お問い合わせください。

吉田博の買取事例

高価買取の秘訣とは?

基本的にリトグラフ・版画(木版画)・シルクスクリーンのお品も含めて共箱や付属品の有無で査定額も変わることがあります。吉田博の版画(木版画)や水彩画・油彩画であることを証明する大切な情報となるため、付属品がある場合は揃えておきましょう。

例えばリサイクルショップで査定のご相談を行うと相場が分からず取り扱いを拒否するケースも多くみられます。そのためリトグラフ・版画(木版画)・シルクスクリーンの売却時は、リトグラフ・版画(木版画)・シルクスクリーンの専門知識を持ち、販売ルートが豊富なリトグラフ・版画(木版画)・シルクスクリーンの買取専門店、古美術商や骨董屋に依頼をすることで高価買取が期待できるでしょう。また、吉田博の版画(木版画)や水彩画・油彩画に詳しい鑑定士のいるお店に依頼するとより安心です。

普段から綺麗な状態を保つことで買取査定額もアップにつながります。例えば乾いたタオルや刷毛などでやさしく埃を落とすぐらいで十分です。ただし、壊れやすい物や繊細な素材できているものは手入れをせずにそのままにしておくのも重要です。

おススメ!関連する有名作家

お気軽にお問合せ下さい!

対応エリア

出張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みで
どこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県