【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取及び処分(お引取り)される商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

【店舗業務の休業のお知らせ】 詳しくは コチラ をご確認ください。

買取コラム

買取コラム買取コラム

ゴミとして回収?買取ってもらう?不用品をおトクに処分する方法とは?

2020年06月06日

不用品を捨てる
と損をする!

〜迷わず買取をオススメする理由を徹底解説!〜

どう処分していいかわからず、そのまま放置している家電や家具はありませんか?実は不用品はおトクに処分ができるのです。不用品は放置しておくと、どんどん状態が悪くなっていくし、溜まっていく一方。後から処分するのがますます大変になってしまいます。

思い立ったが吉日。この記事をきっかけに、ご自宅にある不用品を片付けてスッキリしましょう。

処分前に不用品の状態を確認!

不用品の状態を確認
まずは不用品の状態を確認しましょう。故障や破損の状況によって処分の方法も変わってきます。

故障・破損・傷・汚れがあるもの

故障して動かない、大きな破損や傷、汚れのあるもの、あるいは購入して10年以上経過した家電などは中古品として売ることが難しいです。粗大ごみとして処分するか、オークションやフリーマーケットでジャンク品として販売しましょう。

まだ使用できるダメージの少ないもの

破損や傷、汚れが少ないもの、故障がなくまだ使用できるもの、あるいはは破損や傷、汚れ、故障はあるけど軽微で使うのに支障がないものであれば、中古品として売ることもできます。

各処分方法を比較!おすすめなのは買取?

各処分方法を比較
不用品を処分する方法はさまざまありますが、主に以下の5つの方法が挙げられます。それぞれ特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

自治体で処分

おすまいの市区町村に粗大ごみとして出します。もっとも一般的でかつ確実な不用品の処分方法です。小さいものなら普通のごみと同じように回収場に置いて回収してもらうことができます。

ただし、大きいものだと粗大ごみとして別途回収してもらうか、処分場に持ち込まなければいけません。

オークション・フリマで処分

ネットオークションやフリーマーケットなどで不用品を中古品として販売します。ごみとして捨ててしまえば1円にもなりませんが、売れば利益を得ることができます。

一方で、事務手続きや写真撮影、説明文の作成、落札者との連絡、梱包・発送作業など、さまざまな手間がかかります。

不用品回収業者で処分

不用品の回収を専門で行っている業者にお金を払って依頼して引き取ってもらう方法です。指定した日時にトラックで自宅まで来てくれて、作業員が運び出してくれるので、大型の家電や家具も楽に処分することができます。

ただし、自治体の処分費用よりも割高になる傾向があります。

引越し業者で処分

引越しをされるのであれば、引越し業者に引き取ってもらうのもおすすめです。引越し作業と同時に行えるので非常に効率的で手間もかかりません。回収業者に依頼するのと同様に料金がかかる可能性があります。まずは引越し業者に不用品を引き取ってもらえるかどうか、事前に問い合わせてみましょう。

リサイクルショップで処分

リサイクルショップで不用品を買取ってもらうという方法もあります。オークションやフリーマーケットよりも手間がかからないのがメリット。定してもらって買取金額に納得したらすぐに買取ってもらえます。

買取専門店で処分

リサイクルショップを利用すれば手軽に不用品を売ることができます。しかも家具や家電だけではなく、さまざまな商品を売却することが可能です。でも、それ故に専門知識がないスタッフがマニュアルにもとづいて買取価格を決めていることが多く、安値でしか買取ってもらえないケースも少なくありません。

買取専門店なら経験と知識が豊富な鑑定士が査定を行ってくれるので、商品の価値を正しく見極め、リサイクルショップよりも高値で買取ってくれる可能性があります。たとえ買値がつかなかったとしても、無料で引き取ってくれるお店もあります。

出張買取や宅配買取を利用すれば、ご自身がお店に不用品を持ち込むという手間も省けます。出張費や送料を無料で行ってくれる専門店もあるので、まずは確認してみましょう。

処分方法 特徴 メリット デメリット
自治体で処分 おすまいの市区町村に不用品をごみとして出す ・確実に不用品を処分できる ・集積場や処分場に持ち込む手間がかかる
・処分費用が必要
・家電は出せない
・自治体が指定したルールや日時に合わせて処分しなければいけない
オークション・フリマで処分 ネットオークションやフリーマーケットなどで中古品として不用品を売る ・不用品を売って臨時収入を得ることができる ・手続きなどの手間がかかる
・不用品の搬出・梱包・発送などの手間がかかる
・買い手が見つからないこともある
不用品回収業者で処分 不用品買取業者に日時を指定して自宅まで引き取りに来てもらう ・日時を自分の都合に合わせて指定できる
・手間がかからない
・処分費用は自治体よりも割高
引越し業者で処分 引越し作業の際に業者に不用品を引き取ってもらう ・引越し作業と同時に行えるので効率的 ・処分費用がかかる場合がある
・引き取りに対応していない業者もある
リサイクルショップで処分 リサイクルショップに不用品を持ち込んで買取ってもらう ・不用品を確実に換金してもらえる
・出張買取を利用すれば手間がかからない
・安く買い叩かれる可能性がある
・出張買取に対応していない店舗もある
買取専門店で処分 買取専門業者に買取を依頼する ・鑑定士が在籍しているため高値で買取ってもらえることがある
・買値がつかなくても不用品を引き取ってもらえることがある
・出張買取や宅配買取を利用すれば手間がかからない
・手数料がかからない
・出張買取や宅配買取に対応していない店舗もある
・鑑定士の腕によって買取価格が左右される

初めてでもわかる!処分方法6選

処分方法5選
不用品の処分方法にはどんなものがあるか?それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか?おわかりいただけたかと思います。次に具体的な処分の流れを見ていきましょう。

①自治体で処分

自治体のルールに従って不用品を分別し、ごみとして出します。多くの自治体では一辺の長さが30cm以上のものは粗大ごみとして回収してもらうか、処分場に持ち込む必要があります。

ウェブサイトや電話などで回収を依頼し、コンビニや郵便局などで指定された粗大ごみシールを貼り、決められた日時に回収をしてもらうか、処分場に持ち込むという流れとなります。なお、家電リサイクル法で定められた家電は粗大ごみとして処分できません。

豆知識!「家電リサイクル法」ってなに?

家電を処分するためには「家電リサイクル法」という法律に則って処分しなければいけません。どのような法律なのか?家電を処分するためには何をしなければいけないのか?少し解説します。

【家電リサイクル法とは?】
家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機)のリサイクルを推進することを目的として、2001年に施行された法律です。これらの家電は粗大ごみとして出すことが禁止され、処分するためには「家電リサイクル券」という券を購入して、家電メーカーや小売店もしくは指定された業者などに回収してもらう必要があります。

【料金例】
家電の回収料金の例を表にしてまとめました。

品目 料金
冷蔵庫 5,200円
テレビ(液晶・プラズマ) 3,700円
テレビ(ブラウン管) 2,420円
洗濯機・衣類乾燥機 3,300円
エアコン 990円

[出典:経済産業省HP「家電リサイクルページ経済産業省HP「家電リサイクルページ]

これらはあくまで実例です。経済産業省のホームページに業者と料金の情報がくわしく記載されています。なお、別途収集・運搬料金が必要になるのでご注意ください。

②オークション・フリマで処分

オークションサイトに商品を登録します。不用品の写真や説明文を掲載し、落札を待ちます。商品が落札されたら、落札者と発送や支払いについて連絡を取り合い、商品を梱包して発送します。

③不用品回収業者で処分

不用品業者に電話やホームページなどで回収を依頼します。希望する回収日時や不用品の情報などを伝えます。回収日当日になったら業者がトラックで自宅に来て搬出してくれます。作業が完了したら代金を支払います。

④引越し業者で処分

引っ越しを依頼する同じタイミングで不用品の回収も依頼しましょう。不用品をあらかじめ分けておき、引っ越し作業当日に業者のスタッフに引き取ってもらいます。

⑤リサイクルショップで処分

お店に持ち込む場合は買取カウンターで査定を依頼し、提示価格に納得したらそのまま引き取ってもらい、現金を受け取ります。出張買取の場合は、電話やホームページから依頼し、指定した日時にスタッフに自宅まで来てもらいます。その場で査定をしてもらって、買取品を運び出してもらい、現金を受け取ります。

⑥ 買取専門店で処分

リサイクルショップと同様、査定の後に現金を受け取って、不用品を引き取ってもらうという流れとなります。ただし、査定は専門の鑑定士が行います。

こんなにもかかる?!処分にかかる費用の目安

処分にかかる費用の目安
不用品を処分するためには少なくとも数千円、大きいものだと1万円以上かかる場合もあります。まだ使えるもの、程度が良いものであれば、買取を依頼したほうが断然おトクです。
品目 自治体での処分費用目安 回収業者での処分費用目安
テレビ 1,700円~3,048円 3,150円~7,875円
冷蔵庫 3,400円~5,590円 4,200円~10,500円
洗濯機 2,300円~2,400円 3,675円~5,775円
ベッド 1,000円~1,800円 3,675円~5,250円
タンス 300円~2,500円 3,000円~
ソファー 1,800円 2,000円~
テーブル 300円~1,000円 3,150円~7,350円
エアコン 1,300円~9,000円 3,150円~5,775円

不用品の処分なら買取専門店の散歩道へ

不用品の買取専門店、散歩道ならお見積り、出張買取、宅配買取すべて無料です。スマホでできるLINE査定も行っています。目利きの鑑定士が在籍しているので、他社よりも高価買取の自信あり。使っていない家具や家電などの不用品を高く買取ります。

ご自宅に不用品がありましたら、ぜひ散歩道にご相談ください。

おススメ!関連するコラム

お気軽にお問合せ下さい!

対応エリア

出張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みでどこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県