【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取及び処分(お引取り)される商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

【店舗業務の休業のお知らせ】 詳しくは コチラ をご確認ください。

買取コラム

買取コラム買取コラム

使わなくなった五月人形はどうすればいい?3つの処分方法を比較してみた

2020年06月11日

五月人形は賢く
処分しよう!

〜眠っていた五月人形が高く売れる?その理由と処分方法を解説〜

子どもが成長していつからか飾らなくなってしまった五月人形。処分する方法もわからず、そのままになっていませんか?

ゴミとして出す、寄付やオークションに出す、買取に出すといった方法があります。どれが一番良い手段なのか?考えてみましょう。五月人形を処分するタイミングについても解説します。

そもそも五月人形って何?

鎧
そもそも五月人形とはどんなものを指すのでしょうか?意外とみなさんが知らない五月人形の基礎知識についておさらいしてみましょう。

五月人形は子供のお守り?

五月人形は端午の節句に飾りますが、もともと節句は中国の風習でした。体調を崩しやすい季節の変わり目の節句と呼ばれる時期に厄払いを行い、健康に過ごせるようにお祈りする行事が行われてきたのです。

それが日本に伝わって、3月3日には桃の節句として女の子の、5月5日には端午の節句として男の子の健康や幸せを祈願するようになりました。

日本にこの風習が伝わったのは江戸時代。当時、5月5日は将軍家を祝う徳川幕府の式日でした。
将軍に男の子が生まれると、表御殿に馬印やのぼりを立ててお祝いをしたのです。

この風習が武士に伝わり、端午の節句には鎧や兜を飾って我が子の健康を祈るようになりました。
さらに、それが庶民にも伝わって紙で作った武士人形や兜を飾るようになりました。
これが五月人形の起源です。後に人形や小さいのぼりが商品化され、今のような五月人形のかたちとなりました。
五月人形は節句のときに子どもの厄を引き受けてくれる、身代わりのような存在だったのです。

五月人形は3種類もある?!

一口に五月人形と言ってもさまざまな種類のものがあります。どのようなものがあるか見ていきましょう。

① 内飾り

家の中に飾るものを指します。鎧や兜の飾り、あるいは戦国武将や桃太郎、金太郎などの武者人形を、男の子の健やかな成長を祈念して飾ります。
鎧兜は武士にとっては身体を守る大切なもの。子どもの健康を守ってくれるようお祈りして飾ります。
武者飾りは「強い子に育ってほしい」「立派な子に育ってほしい」という願いを込めて飾ります。

② 外飾り

家の外に飾るもので、鯉のぼりのことを指します。中国では鯉が滝を登ると龍になるという伝説があります。
それにあやかり、鯉のぼりは男の子の立身出世を祈って飾るようになりました。人形のように思えない鯉のぼりですが、これもれっきとした五月人形に区分されます。

③ つるし飾り

つるし飾りとは家のなかに小さな鯉や兜、人形などを吊るす飾りです。江戸時代、鎧や兜は高価で庶民には手が届かないものでした。
そこで、一般家庭では自分たちで吊るし飾りを作って、鎧兜の代わりに飾り、男の子の健康を祈願したのです。今でも外飾り、内飾りといっしょにつるし飾りを飾るご家庭が多くあります。

いつ手放す?五月人形を処分するのにおすすめの3つのタイミング

鯉のぼり
五月人形を処分する際に悩むのがタイミング。いったいいつ処分すればよいのでしょうか?
結論から言えば明確な決まりはありません。でも、以下のようなタイミングで処分すると良いとされています。

① 7歳まで飾り処分

江戸時代には五月人形を7歳まで飾るのが一般的でした。7歳になったら七五三で五月人形を神社に奉納していました。

当時は7歳までの子どもの死亡率が非常に高かったです。「7歳までの神のうち」と言われ、7歳までは神様から子どもを預かっていて、7歳まで無事に成長したらようやく自分の子となり、神様に感謝するという考え方がありました。

ですから、昔の風習に則って7歳になるまで五月人形を飾り、その後に手放すというのがひとつのタイミングとして考えられます。

② 元服まで飾り処分

今は20歳で成人となりますが、昔は15歳とされていました。15歳になると大人に成長した感謝の気持ちを込めて神様に祈願する「元服」という風習がありました。

地域によっては今もこの考え方が根付いていて、15歳に五月人形を手放す風習が残っています。

ですから、15歳で元服を迎えた節目に処分するもの良いかもしれません。

③ 五月人形に興味を示さなくなったら処分

以上のように、昔は五月人形を手放す節目があったのですが、現代では一般的にはそれほど厳密な決まりはありません。
いつまで五月人形を飾っておいても良いのです。

子どもが小学生のうちから飾らなくなったというご家庭もあれば、大人になって子どもが巣立った後でも想い出として飾っておくというご家庭もあります。
一般的には子どもが五月人形に興味を持たなくなる年頃に飾るのを止めるご家庭が多いようです。
そのタイミングで処分を考えれば、お家のスペースを有効活用できます。

五月人形の処分方法3選!メリット・デメリットは?一番賢い方法は?

兜
冒頭でもご紹介したとおり、五月人形を処分する方法として「ゴミに出す」「寄付やオークションに出す」「買取に出す」という3つが挙げられます。それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

気持ちよく捨てられる?自治体でゴミとして処分

普通のゴミのように自治体に回収してもらう方法です。一般ゴミになるのか?粗大ゴミになるのか?扱いは自治体によって異なりますので、おすまいの市区町村のホームページなどで確認してみましょう。

一番確実ですぐにでも五月人形を処分できる方法なのですが、「人形を捨ててしまうのはなんとなく気が引ける」「祟りがありそうで怖い」という方もいらっしゃるかと思います。
また、お子さんとの想い出が詰まっている五月人形をゴミとして捨ててしまうのもなんとなく寂しいものです。

もやもやした気持ちのまま五月人形をゴミとして捨ててしまうと後味が悪くなってしまうもの。気持ちよく処分できないと思ったら、他の手段を考えてみることをおすすめします。

手間がかかる!団体に寄付やオークションで売却

保育園や幼稚園、学校、児童センター、NPO法人に寄付する、あるいはネットオークションに出品するという方法です。

必要としている人に譲ることができるので、ゴミとして捨てるよりも気持ちよく手放すことができます。
ただし、寄付にせよオークションにせよ、手間がかかるのがデメリットです。

寄付の場合は受け付けてくれる施設や団体を探さなければいけません。電話などで問い合わせて、持ち込む必要があります。オークションの場合は写真を撮影したり説明文を作成したりして登録をしなければいけません。

また、確実に処分できないというのもデメリットです。寄付の場合は団体や施設に断られたらそれまでです。オークションも落札者が必ず現れるわけではありません。引取手が見つかるまでは、五月人形をしまっておく必要があります。

賢くお得に処分するなら買取専門店へ

五月人形を確実にかつ手間なく処分したいなら、人形の買取専門店に依頼するのがおすすめです。

出張買取や宅配買取を利用すれば、わざわざ時間と手間をかけて店舗に持ち込む必要はありません。仮に買値がつかなくても無料で引き取ってくれるので、確実に手放せて場所を取ることはありません。

それに、不要となった五月人形が利益をもたらしてくれるケースもあります。ゴミとして捨てたり寄付したりすれば0円です。でも、五月人形を売却すればお金をもらうことができます。
人形の種類や作者、コンディションによっては思わぬ値段がつき、ちょっとした臨時収入になる可能性も十分に考えられます。

もちろん、売却すれば必要としている人の手に渡るので後味の悪さやもやもやとした気持ちに苦しむこともありません。

手間もかからず、確実に手放せる。嫌な気持ちにもならず、さらにお金までもらうことができる。買取は五月人形を処分するのにうってつけの方法です。

いくらで売れる?中古でも大丈夫?五月人形の買取相場

鯉のぼり
「中古でもちゃんと売れるの?」「ずいぶん昔に購入したけど買取に出しても大丈夫なの?」と疑問に思われるかもしれません。でも、価値があれば中古でも高値で売ることができます。五月人形の種類別に買取相場を見てみましょう。

ガラスケース入りの五月人形|買取相場

桃太郎や金太郎、子供大将など、子どもが馴染みやすい小さな五月人形です。今は厳つい武者人形よりもかわいらしいガラスケース入りの五月人形のほうが人気があるくらいです。買取相場は1~5,000円ほど。よほどコンディションが悪くなければ1,000円以上にはなります。

兜飾り|買取相場

五月人形といえば兜飾り。今でも人気で相場は1~70,000円程度。よほどのことがない限り、最低でも1,000円以上での買取が期待できます。ガラスケースに入れられているタイプのものは高値がつきやすい傾向があります。

鎧飾り|買取相場

こちらも兜飾りと同様定番です。相場は兜と同様で1~70,000円程度。こちらも、まず1,000円以上での買取が期待できるでしょう。

鯉(こい)のぼり|買取相場

鯉のぼりは大きさによって異なります。1.5m程度のものなら4,000円~、2mのものであれば5,000円~が目安です。ただし、作者や作られた年代によっては希少価値が高く、数万円~数十万円の値段がつくこともあります。
これはガラスケース入りの五月人形や兜飾り、鎧飾りに関しても同様です。

五月人形の処分なら買取専門店の散歩道へ

五月人形の買取なら、人形買取の専門店である散歩道にお任せください。持ち込み買取はもちろん、手間がかからない宅配買取や出張買取にも対応。さらに、スマホでお手軽にできる「LINE査定」も実施しています。いずれも手数料、送料、出張費などは一切かかりません。

五月人形に精通した鑑定士がしっかりと価値を見極めるので、オークションやリサイクルショップ、他の買取業者よりも圧倒的な高値をご提示できる自信があります。

処分するタイミングに困っている、場所を取って悩みのタネとなっている五月人形がありましたら、散歩道にご連絡ください。

おススメ!関連するコラム

お気軽にお問合せ下さい!

対応エリア

出張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みでどこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県