【感染予防の取り組み】 当社は感染予防対策を実施しております。詳しくは コチラ をご確認ください。

【TV放映のお知らせ】 当社がテレビ東京で紹介されました。詳しくは コチラ をご確認ください。

【宅配買取の商品の送付先について】 詳しくは コチラ をご確認ください。

買取コラム

買取コラム買取コラム

絵画は処分せず売るのが正解!一番高く売却する方法をチェック

2020年09月15日

いらない
絵画を
売りたい!

〜一番高く売却する方法をチェック〜

いらない絵画はどうやって手放せばいいのでしょうか。実は絵画の処分は気を付けなければ、大きな損をしてしまう可能性があるのです。今回は、一番お得な絵画の処分方法について解説します。

知っておきたい!絵画の種類

知っておきたい!絵画の種類

まずは、絵画の種類について知っておきましょう。

日本画

日本画は日本の伝統的な絵画を総称して呼ばれるものです。明治以降に西洋から伝わってきた油彩画を区別するためにそう呼ぶようになりました。現在では絵を描く手法が多種多様になったため、区別がつきにくいですが、日本古来の伝統表現に基づいて描かれたものを一般的に日本画といいます。

洋画

主に西洋の技法を使って描かれた絵をいいます。もともと洋画という言葉が海外にあったわけではありません。由来は明治時代に西洋から油絵が入ってきた際、日本画と区別するためにつけられた呼び名であるといわれています。洋画の定義は曖昧な部分も多いですが、有名なものでいえば油絵でしょう。洋画のメインともいえる技法であり、ファン・エイクをはじめ、様々な画家が油絵の作品を生み出してきました。

油彩(油画・油絵)

油彩は「油絵具」を使って書かれた絵全般を指します。キャンパスはもちろん、金属板など様々なものに描くことが可能なのが特徴。油彩はただ単に平たんな絵を描くだけが魅力ではありません。絵の具を立たせることで立体感を持たせる「モデリング」、絵の具を塗り重ねることで独特の風合いを出す「グレース」など多くの技法があります。作家のアイデアによって無限の表現方法があり、多くの洋画に使われている技法です。

水彩(ガッシュ)

水彩は水で溶かしたり、絵の具同士を混ぜたりして色を作ります。小学校の美術の時間に絵の具を使った記憶がある人もいるかと思いますが、ほとんどが水彩絵の具だったのではないでしょうか。ただ色を塗るだけでなく、滲んだ感じにする「ウォッシュ」や、あえてかすれさせて描く「ドライブラシ」など様々な技法があります。有名な画家はアルブレヒト・デューラーやウィリアム・ターナーなどです。

水墨画

墨を使って濃淡・明暗を表現する技法です。使う色は墨一色でありながら、ぼかしやかすれ、にじみ・グラデーションを見事に表現し、シンプルながらも深い表現が自由自在にできます。黒一色で描かれるため、一切の無駄がなく、素朴さやわびさびを感じられるのも特徴。有名な画家に雪舟等楊(せっしゅう とうよう)や俵屋宗達(たわらや そうたつ)・長谷川等伯(はせがわ とうはく)などがいます。

リトグラフ

リトグラフとは「石版画」とも呼ばれ、語源はギリシャ語のlithosとも言われています。現在では金属も使われていますが、多くの場合平らな石に絵を描くことがほとんどです。平らな石の上に油分を含んだ絵の具などで描き、完成後薬品を塗って仕上げます。

1798年にドイツ出身のアロイス・ゼネフェルダーによって考案され、最初は楽譜の印刷などに使われていましたが、徐々に芸術に取り入れられるようになります。

その後画家のフランシスコ・デ・ゴヤやテオドール・ジェリコーが制作したことから、世に広まり、世界的にも有名な版画方法となりました。

版画

絵画と言えば、キャンバスに描くのが一般的と考えがちです。しか版画は「削って・押す」という作業を繰り返して作品を作ります。版画に使う素材は様々ですが、多いものでは木や銅板を使い、表面を叩いたり、削ったりしながら作画していきます。

最終的にいくつもの版を重ねることで、ひとつの作品が出来がるのです。力の具合や色合いによって、風合いのある作品になるのがポイント。

また同じ版を使えば、作品を大量生産できるのも魅力です。版の保存状態に気を使えば、半永久的に作品を同じ作品が作れます。一点ものとなる油絵や水墨画とは大きく違うといえるでしょう。

シルクスクリーン

シルクスリーンは孔版印刷のひとつで、メッシュ状の穴にインクを落として印刷する方法です。Tシャツのプリントやリモコン・電子盤などあらゆるものに使われています。別名セリグラフィーとも呼ばれています。

制作方法が簡単なこともあり、現代の主要な版画法の一つとなっています。1950年代後半頃から、ハード・エッジやオプ・アート・キネティック・アートなどが盛んになるについて世の中に浸透しました。

シルクスリーンを使った芸術家で特に有名なのは、アメリカのロバート・ラウシェンバーグとアンディー・ウォーホルです。特にロバートは、シルクスリーンの技法を使って、キャンバスに写真を転写したことでも有名。
日本人作家では、1970年代に第9回東京国際版画ビエンナーレで京都国立近代美術館賞を受賞した木村秀樹が有名です。

絵画や掛け軸をごみとして処分してもいい?

絵画や掛軸をごみとして処分してもいい?

油絵や版画・日本画などの絵画や掛け軸を処分したい場合、「燃えるゴミ」として処分することが可能です。絵画や掛け軸に使用している絵の具やキャンパスなどが燃える素材であるため、問題ありません。ただし絵画が大きすぎる場合は、燃えるごみとしてではなく、粗大ごみに分類されることがあります。絵画の取り扱いは市区町村によって異なるため、あらかじめ市のホームページをチェックすると安心でしょう。

ただし額縁が金属やプラスチックでできている場合は、燃えるゴミとして処分できないので注意が必要です。いらない絵画は、ついつい処分をしたくなりますが、実は絵画をゴミとして処分すると損をしてしまうかもしれません。次章では、絵画を処分した場合に起こりうるデメリットを見ていきましょう。

絵画をゴミとして処分する3つのデメリット

絵画をゴミとして処分する3つのデメリット

飾らない絵画を粗大ゴミとして処分するのは簡単かもしれません。しかし処分方法によってはお金がかかったり、せっかくの価値ある有形文化財を失ってしまう恐れも!ここでは絵画をゴミとしてあっさりと捨ててしまった場合に起こるデメリットについて解説します。

作家によっては価値が高い可能性がある

みなさんは、絵画の価値がなにで決まるかご存じでしょうか。実はほとんどの場合、作家で決まるのです。特に有名作家や注目度の高い作家については、コレクターやファンに人気があり、高値で取引されています。

価値が何百億にもなるケースは稀ですが、ゴーギャンやゴッホなど死後に絵画の価値が上がった作家も珍しくありません。そのため、過去に査定で安かったものも、今は値段が跳ね上がっている可能性は十分にあります。絵画は処分する前に、一度鑑定に出してみるのがおすすめです。

文化的にマイナスになる可能性がある

画家の描いた絵画や掛け軸は、その多くが一点もので、同じものはふたつとして存在しません。そのためゴミとして絵画や掛け軸 を捨てたことで、文化的な価値を永遠に失う可能性もあるのです。

しかし贋作を含め、絵画の価値を一般の人が判断することはどうしても難しいのが現状です。そんな時は、目利きのある鑑定士に依頼してみるのもひとつの方法でしょう。何気なく持っていた絵が、歴史を動かすほどの貴重な発見に繋がるかもしれません。

処分方法によっては費用がかかってしまう

絵画や掛け軸を処分する場合、費用がかかる可能性があります。なぜなら、絵画によってはサイズが大きなものも多く、一般ごみで出せないからです。

粗大ゴミをわざわざ手数料を払ってまで処分するのは、抵抗があると感じる人も多いかもしれません。もし「無駄な手数料をかけずに絵画を早く処分したい」と思ったら、買取業者への依頼がおすすめです。電話やWEBで気軽に査定依頼ができ、出張買取であれば、当日待っているだけで絵画の引き上げまでを行ってもらえます。

絵画や掛け軸の処分は買取がおすすめ! メリット3つ

絵画や掛軸の処分は買取がおすすめ!メリット3つ

絵画や掛け軸を処分する方法はたくさんありますが、「簡単に早く処分したい」と思ったら買取がおすすめです。ここでは買取業者へ売る際のメリットについて解説します。

知識がなくても絵画を処分できる

「絵画を受け継いだけど、興味がない」「知見がない」と悩んでいませんか。相続によって絵画を受け継いだものの、家族に知識がないケースも少なくありません。買取りなら、鑑定士が価値を判断し、適正価格で買取りします。家族に知識がなくても売れるので、遺品買取で利用するのもおすすめです。

臨時収入が入る

絵画や掛け軸をゴミとして捨ててしまった場合、一円にもなりません、逆に処分費用が発生して損をする可能性があります。しかし買取りであれば、絵画の価値に応じた売却代金を受け取ることが可能です。いらないものを処分し、さらに臨時収入が期待できるのは、処分より売却です。

売却手数料がかからない

絵画や掛け軸を売る方法はたくさんあります。フリマアプリやオークションなどに出品し、売ることも可能でしょう。しかし多くのフリマアプリやオークションでは、売れた時に売却手数料がかかります。買取りであれば、手数料や送料が引かれることはありません。

絵画の高価買取表

絵画の高価買取表

「絵画を売りたいけど、実際のところどのくらいで売れるの?」と疑問に思いませんか。実は有名作家の絵画や希少価値の高いものは高値で取引されているのです。どれくらいの価値がついているのか実際に見てみましょう。
品名 買取価格
棟方志功の板画 450,000円
鈴木政輝の油彩 280,000円
山下清のペン画 160,000円
小倉遊亀の版画 70,000円
野田弘志の画集画 40,000円
田村孝之介の油彩 60,000円
高沢 圭一 「着物美人画」 70,000円
千住 博作「水辺、朝」 800,000円
寺内萬治郎「赤いスカーフの裸婦」4号 400,000円
野田弘志「聖なるもの-鳥の巣」 380,000円
鎮西直秀「海辺の町 銚子夕景」 50,000円
川嶋陽介「満月と4つのマンゴスチン」 90,000円
ミッシェル・アンリ「優しいコクリコ」 60,000円
黒澤信男「久万盛夏」 30,000円
岩崎鉦吾「オンフルール」 40,000円

いかがですか?いらなくなった絵画が思わぬ臨時収入に化けるかもしれません。ぜひ査定に出してみてください。

絵画を高く売るためのポイント3つ

絵画を高く売るためのポイント3つ

絵画を売却する場合、少しでも高く売りたいのが本音ではないでしょうか。実は少しの簡単なポイントを押さえるだけで、査定額を大幅にアップさせることができるのです。ここでは査定額を上げるためのコツをご紹介します。

保存状態に気を付ける

絵画や掛け軸は保存状態に注意が必要です。キズや汚れだけでなく、日焼けや変色も査定額に影響する可能性があります。絵画や掛け軸を飾る際には、直射日光や湿気のある場所は避けましょう。

また保管する際は、なるべく風通しのよい部屋や場所を選び、立てかけておくのがおすすめです。

ホコリや汚れを可能な範囲で落とす

絵や額縁にホコリや汚れがある場合、可能な範囲で取り除いておきましょう。ホコリは軽くささっと払う程度で問題ありません。絵にダメージを与える可能性があるので、薬品を使って絵を拭いたりするのはNGです。落ちない汚れは、そのままにして買取業者に持ち込みましょう。

買取業者選びにも注意する

絵画や掛け軸を売却する場合は、買取業者選びにも注意が必要です。業者によってはお客様に知識がないのをいいことに、買い叩きを行っていることも稀にあります。依頼する買取業者が過去にどのような絵画を買い取っているか、実績をチェックしながら検討しましょう。

入手経路がわかれば控えておく

売却予定の絵画や掛軸・版画・シルクスリーンなどの、入手経路が分かれば控えておきましょう。領収書や取り扱い説明書があればベストですが、ない場合でも買取りは可能です。分かる範囲で問題ないので、「いつ頃購入したのか」「どこで手に入れたのか」が分かれば、査定額が上がることもあります。

絵画の処分なら散歩道へ

絵画の処分なら散歩道へ

飾らなくなった絵画や掛け軸・その他美術品の処分に困ったら、散歩道へご相談ください。散歩道なら創業以来150,000件以上の買取実績あり!骨董品をメインに、絵画や版画・リトグラフ・シルクスクリーンなどの美術品の買取も積極的に行っています。過去の買取実績はサイトで毎日公開しているので、参考にしてください。

当社鑑定士は査定歴20年以上のベテランです。知識と経験を武器に、お客様の大切な絵画を一点一点丁寧に査定。相場に合った適正価格で、どこよりも高く買取ります。もし査定額に納得いただけない場合、再査定は無料。直接鑑定士と相談もしていただけます。当社はお客様とのコミュニケーションを大切にしておりますので、査定以外のことでわからないことがあれば、なんでもお尋ねください。
鑑定士が丁寧にお答えします。

売却頂ける絵画の点数が多い場合や、大きなものは出張買取や宅配買取もご利用いただけます。売却頂くにあたり、お金は一切かかりません。まずは無料のLINE査定より価値をチェックしてみてください。

おススメ!関連するコラム

関連するコラムはありません

お気軽にお問合せ下さい!

散歩道が選ばれる4つの理由

散歩道が選ばれる理由をご紹介

他社に負けない圧倒的な高価買取

01

Reason

他社に負けない
圧倒的な高価買取!

散歩道には、査定実績豊富なスタッフが多数在籍しています。高度な鑑定スキルでお品物の価値を評価するため、適切な価格で高価買取が可能です。また、全国に販売ルートを保有しているので、最も高く売れるルートで買取したお品物を販売することができます。そのため、他社に負けない圧倒的な高価買取を実現できるのです。

幅広いジャンルで買取!

02

Reason

幅広い
ジャンルで買取!

骨董品や美術品、人形や武具など、散歩道では幅広いジャンルのお品物をまとめて買取しています。そのため、お品物ごとに業者を変えて査定依頼をするような手間がかかりません。また、他店に断られたお品物でも、当社なら買取できる可能性があります。どんなジャンルのお品物でも、散歩道にお任せください。

出張・査定・相談・手数料も全て無料!

03

Reason

出張・査定・相談・
手数料も全て無料!

散歩道では、出張・査定・相談・その他の買取手数料が全て無料です。査定額を聞いた後にキャンセルしたとしても一切、費用はいただきません。引越しや断捨離で大量にお品物を処分する場合にも、1つずつ丁寧に査定いたします。1点のみの買取からまとめ売りまで、お気軽に散歩道までご連絡ください。

親切丁寧にスピード買取!

04

Reason

親切丁寧に
スピード買取!

散歩道では、初めてのお客様にも安心してご利用いただけるよう、懇切丁寧なスピード買取を心がけています。またコロナ対策の一環でマスク着用・アルコール消毒も徹底。更にお客様がご納得の上、お買取りして頂けるよう査定額の理由を分かりやすくご説明します。買取成立後、即日で現金買取、お振込にて入金が可能です。

選べる 3つの買取方法

選べる3つの買取方法をご紹介

出張買取

関東圏を中心に出張無料でご利用いただけます。お客様の目の前で鑑定し、その場で現金支払いが可能です。

出張買取の流れ

お申込み・訪問日を決定 お申込み・訪問日を決定
鑑定士が伺います 鑑定士が伺います
お品物を鑑定 お品物を鑑定
現金でのお支払い 現金でのお支払い

店頭買取

対面にてプロの鑑定士が査定致します。ご来店前に予約もいただけます。お近くの方はお気軽に来店ください。

店頭買取の流れ

店舗までお気軽にご来店ください 店舗までお気軽にご来店ください
鑑定士がお品物を鑑定 鑑定士がお品物を鑑定
査定金額をその場でご提示 査定金額をその場でご提示
現金でのお支払い 現金でのお支払い

宅配買取

宅配買取は全国送料無料で承ります。査定・相談も全て無料でご案内できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

宅配買取の流れ

お問い合わせ・お申込み お問い合わせ・お申込み
梱包・発送 梱包・発送
お品物を査定 お品物を査定
お支払い お支払い

対応エリア

主張費・査定費・相談料は
全て無料!

出張買取

出張無料・自宅で待つだけ!
プロの鑑定士がご自宅まで伺います

東京都・埼玉県(一部地域のみ)の関東エリアに対応した出張買取が無料でご利用いただけます。

ご依頼の空き状況によっては、即日対応も可能なので、気が向いたときにご連絡ください。

遺品整理や旧家・蔵の片付けなど、大量のお品物でも大歓迎です。

宅配買取

事前申し込みでどこからでも宅配買取が利用可

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県
  • 関東エリア
    茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県|千葉県|神奈川県|東京都
  • 北陸・甲信越
    新潟県|富山県|石川県|福井県
  • 東海エリア
    山梨県|長野県|岐阜県|静岡県|愛知県
  • 関西エリア
    三重県|滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県
  • 中国エリア
    鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県
  • 四国エリア
    徳島県|香川県|愛媛県|高知県
  • 九州・沖縄
    エリア
    福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県